一番お勧めの声優養成所はこちら

声優を長く続けるためには喉のケアが最も大切!喉の寿命を延ばすための生活習慣を徹底解説!

声優になるための練習方法

声優にとって一番大切なもの…それはもちろん声ですよね。
商売道具の声が出なければ、どんなに頑張っても活躍できません。

声を大切にすること=喉を大切にすることです。

声優を長く続けるため、喉のケアは絶対に欠かせないこと。
普段から、喉を枯らさないこと、調子を整えていく努力をしていきましょう。

そこで今回は、喉の寿命を延ばすための生活習慣についてお話します。

喉のケアは、声優の「声」を守ることにつながる

声優を目指すために、発声練習など基礎から懸命に学ぶことは多いもの。
しかし、声を酷使しすぎてしまうと、喉が枯れて声優生命の危機が訪れるかもしれません。

声を出すためには、喉にある声帯という部分を使います。
声帯に異常があると、今まで自分の個性として活かしてきた声が変わって今後にも大きく影響が出てきますよね。

努力してきたことが無駄にならないよう、普段から予防をしましょう。
同時に、習慣化するように体に覚えさせることがおすすめです。

をケアすることは、あなたの声優としての「声」を守ることにつながるのです。

今からできる!喉にいいこと3つ!

普段からちょっと工夫してできちゃう、簡単な喉のケアをご紹介しますね。

毎日の心掛けが、予防へと繋がります。
どれも簡単に取り入れられるので今日から早速行いましょう。

  • ストレッチをしっかりする
  • 寝る前にマスクを装着する
  • うがいの時は食塩水を使う

ストレッチをしっかりする

スポーツ選手は運動前に必ずストレッチをしますよね。
発声の時も同様です。
必ずストレッチを行ってください

首周りはもちろん、表情筋を使ったエクササイズ、喉の内側のストレッチも重要です。
首周りのストレッチとは、首をゆっくり回したり、首を前後左右に倒したり、というものです。

表情筋は顔の筋肉全体を上に引き上げたり、下に引き下げたりして行います。

一番問題なのが喉の内側のストレッチですよね。まずは下を前にぐっと出します。
次にあくびをするように喉の奥をぐぐっと広げ、もう一度舌を突き出します。これを繰り返してみてください。
発声がしやすくなりますよ。

寝る前にマスクを装着する

喉には乾燥が大敵…という話をしたと思いますが、寝ている間にマスクをつけるだけでかなり乾燥を防止できます。これはプロも行っている習慣です。
最近では濡れマスクというものも販売されているので、一度試してみてください。

うがいの時は食塩水を使う

普段うがいをするとき、普通は水をそのまま使うのが一般的。
それを食塩水に変えるだけで風邪の予防効果がぐっと高まります。
ぬるま湯にひとさじ食塩をとかしてみてください。
うがいをするときは喉の奥まで食塩水が届くよう、上を向いて舌を突き出し、できれば声をあげてガラガラとゆすいでくださいね。

喉の寿命を延ばすための生活習慣

ではでは、喉の調子を整えるために日常生活でできることはなんでしょうか?
一気に書いていきたいと思います。

  • 健康を保つ
  • 睡眠をしっかりとる
  • 塩分を控え
  • 咳を避ける
  • 水分を頻繁にとる

健康を保つ

基本中の基本です!!特に喉にとって風邪は大敵!
風邪をひくと喉がイガイガしたり、声が枯れたりしますね。
ズバリ、喉のSOSです。

普段から手洗いうがいを徹底し、健康的な身体を保ちましょう。

睡眠をしっかりとる

寝ている間が最も喉が休まった時間です。睡眠不足にならないようにきちんと睡眠を確保してください。
さらに寝ている間は鼻呼吸!口呼吸をしてしまうと喉が乾燥してしまいますし、ウイルスも入りやすくなってしまいます。
鼻の通りが良くない人は耳鼻咽喉科を一度受診してみてください。鼻うがいも効果的ですよ。

塩分を控える

塩には脱水作用があるのを知っていましたか?
塩分を取りすぎると、身体が反射的に体内の塩分を集めて塩分濃度を薄くしようと頑張ってしまいます。
そうすると喉がからからに乾いてしまうのです。
特に発声前は意識して塩分を取りすぎないようにしてください。

咳を避ける

咳は喉、とくに声帯に負担をかけます。
どうしても出てしまうときは変に我慢しない方がいいですが、ずっと続いたり、痰が絡まったり、止まらない場合は必ず受診しましょう。
もしかすると大きな病気の可能性もありますし、放っておくと最悪の場合声が出なくなってしまうこともあります。

水分を頻繁にとる

プロの声優や歌手がステージに立ったり、テレビやラジオに出演したりしているとき、必ず傍らに水があることにお気づきでしょうか?
喉の大敵は乾燥!発声前や発声中はしっかりと水分をとる必要があることをプロは知っているのです。
スポーツドリンクが一番適当ですが、水でももちろんOK。
冷えたものより常温の物を摂取しましょう。

ただ、ウーロン茶はNG!喉の潤滑を悪くすることがあります。カラオケに行ってもウーロン茶は避けてくださいね!

まとめ

今回の記事をまとめますね。

  1. 喉のケアは声の命である「声帯」を守ることにつながる
  2. 喉のケアは日頃から行える方法ばかり。
    • 発声前にはストレッチをしっかりする
    • 寝る前にマスクを装着する
    • うがいの時は食塩水を使う
  3. 喉の寿命を延ばすための生活習慣は5つ。
    • 健康を保つ
    • 睡眠をしっかりとる
    • 塩分を控える
    • 咳を避ける
    • 水分を頻繁にとる

普段から喉を大切にすることは、健康に過ごすことにもつながります。
万が一、風邪をひいた時は、無理をせずのど飴をなめるなどして応急。
ひどくなるようであれば病院へ行くとよいでしょう。

普段の積み重ねが将来のみなさんの喉の寿命に関わってきます。
毎日欠かさず喉をいたわってあげてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました