一番お勧めの声優養成所はこちら

ダミ声だと声優にはなれない? ダミ声の原因と改善練習法を徹底解説!

声優になるための練習方法

ダミ声は、よく言えば特徴的。悪く言えばガラガラ声です。
若い女性にはなかなかおらず、お世辞にもきれいな声とは言えないので、コンプレックスの人もいるかもしれません。

ダミ声を少しでも改善したい!
声優をダミ声のせいであきらめたくはない!

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回はダミ声について徹底的に解説していきます。

ダミ声がイメージできない人は、大島信代さんを検索してみましょう。
初代ドラえもんの声を担当していて、ダミ声と言えばこの方が代表でした。

ズバリ!ダミ声の原因は4つ!

ダミ声は、実は話すときに喉を変に締め付けてしまうことで出る声です。
つまり、話し方の癖なんです。

子供の時はみんなクリアな声…。
ではなぜ成長していくにつれてダミ声になってしまったのでしょうか。

その変化の原因がこの4つと言われています。

  • 話すときに大声
  • ボソボソ話す
  • 飲酒、喫煙
  • 喉の病気

話すときに大声はのどに大きな負担をかける

話すときに常に大声の人は、喉に負担をかけない発声がわかっていません。
喉を締め付けたまま大声を出し続けることで、徐々にダミ声になってしまいます。
声が小さい人に比べて喉への負荷が大きいため、喉がずっと緊張した状態になってしまうのです。

ボソボソ話すのは筋肉が鍛えられていない証拠

ボソボソ話すのも実はよくありません。
この喋り方は、表情筋や口の周り、喉の周りの筋肉をあまり動かしません。
そのため、活舌も筋肉の動きも悪くなります。

これが、喉を締め付け、ダミ声になってしまうのです。

飲酒、喫煙による喉のダメージ

飲酒喫煙も喉によくありません。
飲酒をすると自然と開放的な気分になったり、周りのテンションに合わせたりすることで声が大きくなります。
そうすると喉が締め付けられ、翌日喉がガラガラになっていることがあります。

もちろんその状態が持続すると自然とダミ声になってしまいます。

煙草については言わずもがなですね!
ニコチンを摂取するものですので、喉の血管が収縮した状態になってしまいます。
肺にもよくないので、声優を目指すのであれば避けてほしいものです。

喉の病気により喉を占めた状態での発生が癖に

喉の病気については、ポリープや声帯結節が考えられます。

ポリープとは、喉にできる腫瘍のことを言います。
喉が狭くなってしまうので、ポリープに声が引っ掛かってダミ声になってしまいます。

声帯結節は、喉を締めた状態での発声が癖になり、喉にタコができてしまうことで喉が狭まる病気です。

どちらも手術や喉を休めることで改善できますが、発生方法を変えない限り再発する危険性があります。

ダミ声を脱却するための練習方法4選!

上記した通り、生まれながらダミ声の人はいません。
今までの発生方法の癖が原因でダミ声になってしまうのです。

それでは、発声の方法を改善してしまえば、ダミ声を克服できるかもしれません。

では、具体的になにをすればいいでしょうか。

一番の近道は、ボイストレーニングに通うこと。
プロが指導してくれるので、自分ではわからなかった発声の癖を修正してくれます。

ボイストレーニングと一言で言っても、歌手が通うものと役者が通うものの二種類あります。
役者が通うボイストレーニングで、お金に余裕があれば個人レッスンを受けたほうが確実ですね。

また、次の方法もあります。一つずつ解説していきますね。

  • 喉を締め付けない発声方法を行う
  • 身体を温めて発声する
  • 肩の力を抜いて発声する
  • 普段から発声方法を意識する

喉を締め付けない発声方法を行う

「喉を締め付けない」なんて一言で言ってもよくわからないですよね。
そんなあなたに、一番わかりやすい方法を伝授します。

まず、大きく口を開いてください。

もっと。
もっと!
もーーーーっと!!

あくびが出たでしょう?

その時の喉の感覚。それが、喉が開いた状態です。
その状態のまま、「あーーーー」と声を出してみてください。
一番負荷のかからない発声がそれです。

その感覚がつかめたら、仰向けに寝転んでまた喉を開いて「あーーーー」と発声してみてください。
このトレーニング、実は一緒に肺活量のトレーニングもできちゃうので一石二鳥です。

慣れてきたら、メトロノームなどを使ってロングトーンの練習も取り入れてみてください。
4拍吸って、8拍発声。発声の時に足をあげるとさらに複式呼吸、腹筋のトレーニングにもなっちゃいます。
実はこの方法、某吹奏楽強豪校で実践されていて、3年間で劇的な変化をもたらしています。

ぜひ実践してみてください。

身体を温めて発声する

お風呂で歌ったことありませんか?
お風呂場って声が反響して上手く聞こえるんですよね。

実はそれだけじゃなく、温まったが故に普段よりすんなり喉が開き、声が出るようになっています。
発声をする前は軽めのストレッチをして、身体を温めてから発声するといいですね。

肩の力を抜いて発声する

肩の力を抜いて発声するのは意識しないとなかなかできないことです。
具体的なトレーニングをご紹介しましょう。

まず、腕を下ろしたまま、肩をぐっと上に上げてください。
頬に着くくらい。

その後、肩を後ろにぐぐっとそらします。
背中の肩甲骨の間を狭めることを意識してください。
そのまま、すとんっと肩を落とします。

すると、姿勢がよくなり、肩の力が抜け、発声にふさわしい姿勢になります。
「肩に力が入ってきたな」と思ったら、その都度このトレーニングを繰り返してください。
そのうち自然と力が抜けるようになります。

普段から発声方法を意識する

普段から発声方法を意識していきましょう。
これは心掛けの問題です。

友達や家族と話しているとき、カラオケに行ったとき、ふいに名前を呼ばれたとき。
どんなときでも喉に負担がかかっていないか意識してみてください。
たったそれだけで劇的に変わります。

ダミ声は活かせる?声優として活躍するには

ダミ声で成功した例としては、先ほど挙げた大山のぶ代さんがいらっしゃいます。
彼女の場合はその声で上手くドラえもんという国民的キャラクターに抜擢され、日本中に定着したが故に成功しました。

しかし、彼女のようにはまり役に抜擢される確率は、正直なところとっても低いです。

ダミ声は特徴的であるが故に飽きられやすく、ずっと聞いていると耳障りに感じられてしまうことも多いリスキーな声です。
さらに、喉に負担がかかるため、とりかえしのつかない病気になってしまう可能性もあります。
声優を目指すなら、普段からダミ声でいることは避け、クリアな声を目指しましょう。

ただ、出せる声の一つとしてダミ声というカテゴリーを持っているのは武器になります。
特殊なキャラクターに当たった時だけ、ここぞとばかりに披露する隠し種としては持ってこいです。

声優としての技量がついてきたら、試しに身に着けてみてもいいでしょう。
喉に負担をかけすぎないよう、無理はしないでくださいね!!

まとめ

  • ダミ声の原因は、大声、ボソボソ話す、飲酒、喫煙、喉の病気にある
  • 喉を締め付けない発声方法を行う
  • 身体を温めて発声する
  • 肩の力を抜いて発声する
  • 普段から発声方法を意識する
  • ダミ声は活かせるけれど、普段使いには向かない
  • ダミ声は芸の一つにしておく程度が〇

無理な発声方法は、将来的にマイナスになってしまう可能性が高いです!
地声を大切に、クリアな発声を心掛けて練習していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました