一番お勧めの声優養成所はこちら

声優ってブスでもなれる?顔が悪いとオーディションに不利って本当?噂の真偽を徹底解説!

声優になるには

今や人気の職業として不動の地位を確立した声優。
憧れる声優さん目指して、日々努力されている方も多いでしょう。

かく言う私も一時は声優を目指して勉強していたオタクです。
好きなアニメを繰り返し見ては、セリフを書きだして、キャラクターの真似をして読み上げていました。
未だに『猫の恩返し』の冒頭のセリフは丸暗記しています。

昔はファンと声優の間にも距離がありましたが、今はすっかり身近な存在になりましたね。

嬉しい反面、
「もしかして、声優にルックスの良さは必須なの!?」
「これからオーディションだけどルックスも審査対象!?」
と気になる事も増えているのではないでしょうか。

実力があっても、ルックスがないとダメなのか…と不安に思う方も少なくありません。

今回は、そんな不安を解消するために声優にルックス必須なのかどうか、解説していきますね!!

オーディションにルックスの良さは必要?

結論から言います。
「ルックスより実力!!」

声優業界は実力社会です。持って生まれた声の特徴、演技力が物を言います。
つまり、どんなにルックスが良くても声と演技が伴わなければプロにはなれません!

まずは実力。とにかく本業を徹底して鍛え上げましょう。

今の声優さんにも、お世辞にも美人、イケメンとは呼べない方は多くいらっしゃいます。
山寺宏一さん、杉田智和さん、釘宮理恵さん、沢城みゆきさん…みなさん超、超、超実力派声優ですが、決して一般に受けるような美人、イケメンではありません。

むしろどこか特徴的なお顔立ちをしています。

そういった方々がなぜ人気なのか。もちろんプロとしての技術がずば抜けているのです。
一度聴いたら忘れられない魅力的な声、幅広い演技力、どんなキャラでも操れるスキルは一朝一夕で手に入れられるものではありません。
日々のトレーニングが活きてくる世界なんですね。

ルックスを磨くと何がいい?

では、なぜ今ルックスに言及されるようになったのか。
ルックスを磨くと、プロデビューした際の活躍の幅を広げやすくなるからです。

最近の声優の仕事は多岐に渡ってきました。
アニメ・洋画の吹き替えはもちろんのこと、舞台挨拶、キャラ名義でのコンサート、ファンとの握手会、交流会、舞台出演などなど…。
個人で朗読会を行っている大御所の方もいらっしゃいます。

活躍次第でどこまででも広げられる、成長途中の市場でもあるんです。

宮野真守さんのように日本を飛び出して世界で活躍している声優もいらっしゃいます。
日本語を操ることに長けた声優が世界で活躍する…。日本の文化が国境を超える瞬間です。

活動の幅を広げていくにあたって、ルックスは一つの武器になります。
ルックスがいい声優さんは個人ファン、いわゆる信者と呼ばれる人も付きやすく、個人名義でのコンサートやイベントを行うチャンスをゲットしやすいのです。

ルックスの磨き方

ルックスは生まれ持ったもの。整形でもしない限り形を変えることはできません。
しかし、磨くことはできるのです!

ここからは、オーディションに向けたルックスの磨き方について解説していきます。

1. 清潔感を出す

なによりもまず大切なのが清潔感
薄汚れた格好だったり、あまりにも手入れされていない恰好だったりすると、オーディション以前に一目で審査員から嫌われてしまいます。
毎日お風呂に入り、清潔にする習慣をつけることは当たり前。

そして、髪はきちんと整える。前髪は目にかからないように目の上で切るか、サイドに分けましょう。
櫛をきちんと通して、ぼさぼさのままにしないこと。もちろん男女共です。

審査員は手元まできっちり見ています。爪は伸ばしすぎず、切りそろえましょう。爪の間が汚れているのもNG!

また、「生活は体形に出る」と言われます。
色々事情はあるかと思いますが、極端に太っていると「私生活がだらしない人間」と思われてしまう危険性が高いです。
汗をかきやすくなってしまうために不衛生にみえてしまうことも…。

食事に気を付けたり、運動を心掛けたりすることで、標準体型を目指しましょう。

2. ファッションを工夫する

一番わかりやすく自分をアピールできる場所。それがファッションです
一目で好印象をもってもらえるように、ファッションセンスを磨きましょう。

もしかすると「アニメ、漫画に夢中でファッション雑誌なんて読んだことがない!」という方もいるかもしれません。
そんなあなたはぜひ一度書店で気になる雑誌を手に取ってみてください。

ただ、パンクファッションやロリータファッションのような特徴的な格好は裏目にでる可能性が高く、リスキーです。

目指すべきは「シンプルかつおしゃれ」
女性であれば、ワンピースやブラウスとスカート、男性であれば、シャツとすっきりしたパンツが理想的でしょう。
スーツまで行くと「就活生かな…?」となってしまいますので、そこは適度にラフにいきましょう。

オーディションによってはその場で演技を求められることもあるかもしれません。
そんなときすぐに対応できるよう、動きやすい服装であることも重要です。

また、あまりに大振りのアクセサリーをつけていると演技の最中に邪魔になる事も考えられますので控えめに。
もちろん着古してくたびれた服や、シミや汚れがついている服は避けましょう。

忘れがちなのが足元。履きなれた、きれいなものがベストです。
履きなれない靴では靴擦れができてしまったり、いいパフォーマンスができなかったりしますので要注意。

3. メイクで変身する

自分のコンプレックスを隠し、理想に近づけてくれるメイクは、自信をつける意味でも自己アピールをする意味でもとても重要です。
自分の強みを研究し、そこを活かすメイクを研究してみましょう。
今までメイクをしたことがないという方も、自然なメイクを研究してみてください。
あまりに濃いメイクでは元の顔や表情まで隠してしまい、逆効果の可能性もありますので気を付けて。

メイクに自信がない方は、一度化粧品売り場の美容部員さんに相談してみるのもいい方法です。
プロの方々なので、自分の顔に合ったメイクを提案してくれるはず。

男性も無関係ではありません。

最近は男性向けの化粧品も多く販売されています。
メイクまではいかなくとも、スキンケアはしておいた方がいいでしょう。

まずはお風呂上りの化粧水から。
美容室で眉を整えてもらうのも一つの変身方法です。
こちらも一度美容師さんに相談してみるといいかもしれません。

まとめ

  • ルックスよりもまずは実力!
  • ルックスを磨くと活動の幅を広げやすくなる
  • オーディションでは清潔感を出す
  • ファッションを工夫する
  • メイクで変身する

昔はまさに裏方の仕事としてとらえられていた声優。
しかし、今はさまざまな場所で活動できるようになりました!

おそらく声優を目指すみなさんの夢も「声優になる」ことがゴールではありません。
良い仕事をいただくために、ルックスを磨くのも大切な要素の一つですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました