一番お勧めの声優養成所はこちら

【高校生版】声優になるには何をすればいい?

声優になるには

日本の文化といえばアニメ、アニメといえば声優!
こんな方程式もできてしまうくらい、最近は声優も知名度が上がってきました。

あなたもこれまで推しキャラの素敵ボイスに心を奪われてきたのではないでしょうか?
そして、気づけば自分もこんな声優になってみたいと思うように…。

実際のところ高校生から声優を目指すのって遅いの?
学校があるのは知っているけど、高校に通いながら声優の学校に行く事はできるの?忙しくなりそう…。
親の反対が怖い…。

夢ができたのはいいものの、気になることも沢山ありますよね。
解決のお手伝いをさせてください!

今回は

  • 今からでも声優は目指せる?一番の近道は?
  • 高校と声優学校のかけもちはどう?辛い?
  • 親を説得する方法!

について紹介します。
参考にしてくださいね!

今からでも声優は目指せる?一番の近道は?

早い人は小学生から声優について学んでいるので焦る気持ちもわかります。
ですが、高校からでも全く遅くありません!

むしろ大手の声優プロダクションは、入学できる年齢を高校生以上と制限しているところもあります。
例えば81アクターズスタジオの本科、青ニ塾といった大手の養成所では、入所資格として高校卒業を挙げています。

やみくもに若くから始めればOKというわけではなく、一般常識や教養、礼儀が身についている人を受け入れるという事務所側の姿勢が見えますね。

今から資金などを貯め、高校卒業後の進路選択の際に活かすのが近道

高校卒業後、声優学校一本でいく人もいれば、中には大学に通いながら土日で声優の勉強をする…といったやり方を選ぶ人もいます。
もしそうなると、ただでさえ大学の入学にお金がかかるのに、プラスで声優学校の費用が必要となります。
「そんなお金は出せません!」と親から梯子を下ろされてしまう可能性は高いですよね。

お金がなくて入学を諦めるなんてしたくないですよね。

そんなときの入学費用に備えて、今から自分でコツコツ貯金を進めておきましょう!

また、声優学校一本でいくことになったとしても、貯金はしておくに越した事はありません。

なぜなら、もし声優としてデビューできても、声優だけのお給料だけでやっていけるように
なるのはまだまだ先の話。

すぐには稼げないので、多くの新人声優がアルバイトと掛け持ちしながら声優の勉強やオーディションを頑張っています。
その時のためにも今のうちから貯金しておくことをオススメします。

技術が追い付かないんじゃないかな…と心配になるかもしれません。
しかし、社会人から通う人もいるほどなので安心してください。

喉をきちんとケアしたり、自力でできるトレーニングをしておくだけでも基礎力アップにつながりますよ。

 高校と声優学校の掛け持ちはどう?辛い?

年齢制限と資金面をクリアしていれば通う事は掛け持ちは可能です。

ですが、高校生からのデビューはよほど見込みがない限り低いと言っていいでしょう。

早くから基礎力をつけられるメリットやデビューのチャンスは多いですが、オーディションにはたくさんの人が受けます。
声優1本で学んでいる人たちに比べたら厳しいのは明白です。

また、かけるお金とデビューまでの道のりを考えたときの費用対効果、また普通の高校の勉強をしながら声優業でも成果を出そう!というモチベーション維持が難しいというデメリットがあります。

掛け持ちをすることができる環境であればもちろんやってみてもよいでしょう。
ただ、それによって高校の単位を落とすなどの心配があるようなら、あまりおすすめはしません。

今は学業に専念し、卒業してから入学するのでも遅くありません。
学業に専念し、部活動や短期留学など、高校生でないとできないことをしっかり経験しておくことも大切ですよ。

親を説得する方法!

一番のネックは「親をどう説得するか」だと思うんだけど・・・。
そうね。子供の夢は応援してあげたいのが親。
だけど将来に関わる事だから、あなたが思っている以上に慎重なの。

では次に、そんな親を説得する方法を見ていきましょう。

①目先のみの願望を伝えるのはNG!人生プランをしっかり立てて伝えよう

親に自分の夢を理解して欲しい、そして応援してもらいつつ、支援もしてもらいたい…。
進路を決めていく際に誰もが抱く気持ちですが、ただやみくもに声優になりたい!という情熱だけを親にぶつけても失敗してしまいます。

ではどうすれば良いかというと「いつまでにどうなりたいか」を決めて、それまでのプランを逆算して埋めていくのです!
目標が明確に決まっていると、おのずとそれまでのスケジュールが決まってくるはず。
もしも一人で考えるのが難しければ、学校の進路相談も利用してプランを立ててみましょう。

②プランに合った学校を見つけ、プレゼンする!

プランが決まったら、それに見合った学校を見つけます。
自分が気になる学校を選ぶのももちろんOKですが、せっかくプランを立てたのにそれに沿っていないと意味がなくなってしまいます。

興味あり+プランに合った学校が見つかれば完璧!

その学校の情報を集めて、親にプレゼンテーションをしましょう。

ポイントは「親が安心できるような学校の制度を伝える」こと。
具体的にはデビューまでのフォロー体制などを説明できると親としては安心材料になります。

③声優を諦めたときのことも考えているとアピール

キラキラしていて夢に溢れる声優というお仕事。
憧れの的ではありますが、厳しいことをいうと決して簡単にはなれない、なれても生活ができるほど稼げる人は一握りというのが現実です…。

ほとんどの親がこの状況をよくわかっています。
自分の子供がこの先苦しまずに生きていけるかを心配しているため、声優になれず苦しむ姿を想像してしまい、あなたを想うあまりに反対することがあるのです。

そこで、諦めたときのことも考えて別のプランがあることも伝えると親は安心できます。
少し紹介しましたが、大学に通いながら空いた時間で声優の勉強をする方法もあるので、プラン立ての参考にしてみるのも良いでしょう。

まるで親を説得するためだけのような気持ちになってしまうかもしれませんね。
しかし、別のプランを立てておくということは、親の説得という目線だけでなく、自分のためにもなります。
何も考えず行き当たりばったりで進んでしまうと、いざという時、何も準備ができておらず露頭に迷ってしまいます。
そんな状況を避けるためにも、しっかりと向き合って真剣に人生プランを立てましょう!

まとめ

  • 今からでも声優は目指せる?一番の近道は?
    →高校生から目指しても遅くない!
    今は貯金をして声優学校入学の資金や声優デビュー後の生活費を貯めるのがよい。
    技術面は自主練でカバーする。今から自主練をすれば何もしていない人と大きな差がつく。
  • 高校と声優学校のかけもちはどう?辛い?
    →メリットとデメリットがある。
    メリット:デビューのチャンスが多くなる。早くから基礎力をつけることができる。
    デメリット:費用をかけ始めてからデビューまでが長く、費用対効果が低い。高校も声優学校も頑張ろうというモチベーションを保つのが大変。
    高校生のうちは学校生活をきちんと送り、一般常識や教養、礼儀をしっかりと身につけることに専念するのでOK
  • 親を説得する方法!
    1.  目先のみの願望を伝えるのはNG!人生プランをしっかり立てて伝えよう
      「いつまでにどうなりたい」という目標を立て、そこから逆算をしてプランを立てる。学校の進路相談を利用するのもよい。
    2.  プランに合った学校を見つけ、プレゼンする!
      興味あり+プランに合った学校が見つけよう。
      デビューまでのフォロー体制などを説明できると親としては安心材料になる。
    3.  声優を諦めたときのことも考えているとアピール
      声優になれなかったときの代替プランを考えておき、親にも伝える。
      きちんと将来について考えているアピールにつながるし、自分の為にもプラスに働く。しっかり向き合おう。

高校生の進路選択は、小学生や中学生の時とは重みが違います。
将来に関わる重大な決断になるこのタイミングで、いかに声優になりたいという夢に対して現実的な策を考えられるかが、この先の人生を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

あなたの夢が叶い、売れっ子の声優として活躍する日を楽しみにしています。

今回の記事を元に、ぜひ真剣に声優になるためのプランを立ててみてくださいね!
頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました