一番お勧めの声優養成所はこちら

【中学生版】声優になるには何をすればいい?

声優になるには

アニメやゲームの吹き替えなど、今や日本の代表的文化ともいえるジャンルに欠かすことのできない「声優」。

ブレイク声優になって人気作品に出演しまくる!
…声優を志す人が一度は思い描く夢ですね。

ですが、冷静に考えるとこんなに悩みがたくさんでてくるのではないでしょうか。

声優ってなろうと思えば全員なれるもの?
実はどんなことをすれば良いのかわからない…。
進路を決めるときにはどうすれば良いんだろう?

今回はそんな悩みを少しでも解決できるよう、声優になるには何をすればいいのかについて解説していきます。
最後まで読んで、夢で向かってしっかりと道筋を立ててみてくださいね!

声優になるまでのステップ

STEP1 専門学校・養成所に通う
STEP2 声優プロダクションの入所オーディションを受け合格する
STEP3 入所後、仕事のオーディションを受け合格する
GOAL 声優デビュー

声優になるためには「声優プロダクション」に所属をする場合がほとんどです。

例えばお笑い芸人だと「よしもと」でおなじみの吉本興業や松竹芸能といった事務所があって、そこに芸人さんが所属しています。
声優も同じように事務所がいくつかあるんですよ。

この声優プロダクション、誰でも入所OKというわけではないのです。
所属するためにもオーディションなどがあります。

また、実際にアニメの声優をやりたい!と思った時も、同じようにオーディションを受けて合格する必要があり、正直なところ簡単に声優デビューすることは難しいでしょう。

独学のみで声優プロダクションに所属したり声優オーディションで勝ち残るのは難しいため、多くの人が声優に必要なスキルを身につけるべく専門学校や養成所に通っています。

声優になりたい人はどんな進路を選べばいいの?

声優になりたい人は、声優専門学校や声優養成所に通い、きちんと専門を学べるところへ行くことがおすすめ。
カリキュラムやオーディション対策などのサポートが充実しているから効率よく声優になるための準備ができるからです。

独学で声優になれる確率は低いのが現状。
少しでも確立をあげるための方法をとらなければ、声優への道は遠いでしょう。

それでは声優専門学校と声優養成所の違いについて解説しますね。

専門学校と養成所の違い

声優を目指すための勉強を行う上で、学校選びは非常に重要となってきます。
ここでは声優を目指す際に通う「専門学校」と「養成所」の違いをお伝えしますね。

1.運営方法の違い

専門学校は声優の技術を学ぶ専門の学校です。
国から許可を受けた学校法人が運営しています。卒業すると学歴が付き、履歴書に「専門卒」と記載することができます。
一方養成所は声優プロダクションが直営する学校です。こちらは専門学校と異なり国からの許可などがないため、学歴として履歴書に記載することはできません。

2.入学のしやすさ

専門学校は入学試験、養成所はオーディションがあるため、どちらも全ての人が入学できるというわけではありません。
どちらの方が難易度が高いかというと、一般的には養成所のオーディションの方が難しいとされています。

養成所の入所オーディションは、いわば声優事務所が声優の卵を直接育てていくようなもの。スタートの時点から優秀な人材が欲しいと思うのも想像がつきますよね。

声優を目指す人の中には、専門学校で学んだ後に養成所に通い直す人もいます。

ただ、人それぞれに得意不得意があり、一概にどちらが難しいとは言いきれません。入りたい学校の特徴を調査し、きちんと対策をとっていくことが大切です。

3.授業スタイル

専門学校は基礎からみっちり、広く声優に関わる内容を学ぶことができます。
全日制をメインとしている学校が多く、中学生の時間割と同じように一日数コマの授業を一週間行うというスタイルです。歌やダンスなどを学ぶ学校もあります。

養成所は週1.2回の授業など、専門学校ほどカリキュラムが詰められていません。
授業についても「即戦力を育てる」というスタンスのため、歌やダンスなど、声優から派生した内容や基礎知識の講義などは行わない場合が多いです。

しかし、養成所はより専門性が高い授業もあり、現場で作品作りに携わる現役の演出家や作家の講義を受けることができます。これは、最新の情報を得られるというメリットに加え、今活躍している業界の人に目をつけられるチャンスもあるというメリットでもあります。

3.学費の安さ

2でも説明したとおり、専門学校は週5、対して養成所は週1.2回程度ということで、かかるお金は養成所の方が安く済む場合が多いです。

専門学校の方は養成所よりも高額になるものの、教育ローンを使用できるなど、支払いに関するフォロー体制が養成所より幅広く用意されています。
各校のホームページを見たり、資料を請求してリサーチしてみましょう!

4.卒業後の進路

それぞれに特徴があります。

専門学校は直営の声優プロダクションなどはなく、自分の希望するプロダクションのオーディションを受けていく方式が主流です。各専門学校で独自の選考審査を開催したり、声優プロダクションとつながることのできるオーディションを実施することで声優になるまでの道をサポートしています。

入学前に「どこのプロダクションに入りたい!」と明確に決まっていない場合は、様々なプロダクションのオーディションを受けることのできる専門学校の方が良いですね。

養成所は説明した通り声優プロダクション直営の運営する学校で、基本的には運営元のプロダクションに入ることを前提として学校に通います。

入学できたからと言ってプロダクション所属が約束されるわけではなく、養成所の期間中に行われるオーディションや審査に合格する必要があります。

それじゃあ専門学校と一緒では!?と思うかもしれませんが、養成所は新人声優発掘のために学校を運営しているので、専門学校よりもデビューの可能性は高く、在学中からデビューが叶うというビックチャンスも訪れます。

絶対に入りたいプロダクションが決まっている、とにかく即戦力を身につけてデビューに向けて一直線!と考える人は養成所を検討しましょう。

高校、大学に通いながら勉強する方法もある!

声優になるための学校は日本中にたくさんありますが、実際にデビューできるのはその中の一握り、とも言われています。

もしかしたらいつか声優とは別の道に進む日が来るかも…。

という、万が一のことを考えて「高校や大学に通いながら、空いた時間を使って声優を目指す」という方法もありますよ!

  • 養成所であれば週1.2回の授業を空き時間にうまく組み合わせる
  • 専門学校の場合も、学校によっては土日や夜間コースがあるのでそれを利用してダブルスクールで頑張る

というやり方です。

ハードになるかもしれないですが、声優の勉強一本よりもこちらの方がオススメです。

どんな仕事をするにも知識や教養があるに越したことないですし、声優業でいえば作品にも活かしていくことができるでしょう。

また、万が一声優の夢を諦めることになった時の最終学歴キープといった面でも、二足のワラジでの頑張りが後々有利に効いてきます。

声優になるために今からできること!

①技術面…発声練習に加え、自分の強みを作っていこう

学校に通わないと何もできない…そんなことないですよ!

技術面では、発声練習や腹式呼吸をメインに基礎力をつけていきましょう。今はとても便利な時代なので、参考になる動画がサイトにアップされていたり、アプリなんかもリリースされています!
自己流ではなく、そういったツールをうまく利用して今から地道に声優の土台作りを行いましょう。

ただし喉を痛める場合もあるので、声優さんの声真似は控えることをオススメします。
大好きな声、つい真似したくもなりますが、あなたの声を潰すことにもなりかねません…。未来のためにも、くれぐれも喉はいたわりながらトレーニングを積みましょう。

声を使う以外の「あなたの強み」を伸ばしておくことも有効ですよ!例えば英語や中国語などの外国語をスラスラ話せるようになる、など。デビュー後に外人キャラの役が回ってくるかも!?

小説や漫画を朗読してみて、演技力をつけていくという方法もあります。小説なら図書館で借りられますし、お金をかけずにすぐ始められますね!

今からできることをコツコツと積み重ねていくことで、いつか専門学校や養成所に入った時のレベルに大きな差が生まれます。

②進路面…情報を集めて親と話し合おう!

技術面とともに、進路についての事前準備も大変重要です。
中学生のあなたはまだ義務教育の最中。進路についてはきちんと親と話して進めていくのがベター。

特に声優業界は人気はある故に最近はますます狭き門となっている状況。
親の気持ちになってみると、子供の進路は心配になってしまうもの…。
そんな親心を安心させたいし、できれば応援してもらいたいですよね。

なので、行きたい学校の情報をできるだけ集めて、なるべく早く相談しておきましょう。
直前に相談すると親もびっくりして受け入れる気持ちが狭くなりやすいですし、反対の気持ちを挽回できるような情報を集める時間が足りなくなってしまいます。

なるべく早く相談、がポイントです!
また、相談するまでに「なぜ声優学校に行きたいのか」「なぜその学校を選んだのか」などを伝えられるように準備しておきましょう。

ほかにも、聞かれそうなことをまとめておくと良いですよ。

まとめ

  • 声優になるまでのステップ
    →声優専門学校や養成所に入りスキルを身につけ、プロダクション、仕事のオーディションに臨む
  • 声優になりたい人はどんな進路を選べばいいの?
    →専門学校と養成所の違い

    1. 運営方法:学校法人か声優プロダクション直営校か
    2. 入学のしやすさ:一般的には専門学校の方が入学しやすいが、いずれの学校も入学の際に試験などがある
    3. 学費の安さ:通う日数が少ない分、養成所の方が安い場合が多い
    4. 卒業後の進路:様々な声優プロダクションのオーディションを受けたければ専門学校、養成所は基本的には直営のプロダクションの審査を受ける。入学時にしっかり調べ、覚悟して学校選びをしよう!
  • 声優になるために今からできること!
    1. 技術面…発声練習に加え、自分の強みを作っていこう
      →声に関するスキル以外にも、語学スキル、演技スキルなどで今からできることがある!
    2. 進路面…情報を集めて親と話し合おう!
      →親を安心させ、自分の納得のいく進路を進むためにも行きたい学校の情報を細かく集め、なるべく早く親に伝えるのが良い!

大人気の職業なので狭き門…などとたくさん伝えてしまいましたが、あなたのために用意されている学校や制度はたくさんあります!

上手く使えるかはあなた次第。
人生設計は結局のところ自己責任!よく吟味してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました